残土処理は新築を建てる際に最適~ラクラクな処理~

機械

厳しい規制も存在

残土処分地の確保

最近の日本では不動産の売買において土壌汚染がある場合には売主が洗浄してから売却することが原則となっています。洗浄した土壌については当該地に埋め戻すか、残土処理をする必要があります。残土処理に際しては近隣問題が発生する可能性がありますので、事前に処分地を確保しておくことが必須条件となります。通常は残土処理を請け負う業者に処分を委託することになりますが、あくまでも処分責任は残土を発生させた主体に責任がありますので、業者に委託した場合にも最終的な処分地を自らが確認しておく必要があります。洗浄した残土は比較的に自由に処分が出来ますが、汚染された土をそのまま処分する場合には産業廃棄物扱いとなりますので注意が必要です。

造成工事の残土処理

土地の造成を行うと必ず残土処理の問題に行きわたります。土地造成で発生する残土については良質な場合がありますので事前に土質の確認をしておく必要があります。良質な土質の場合には残土処理に費用がかかることとは反対に土を売却して収入として計上することが出来ます。処分に費用がかかるところで反対に収益を計上できるということは土地の造成する原価を低減することに繋がりますので、当該計画の採算性の大幅な向上に繋がります。土地造成においては一般的に取り扱う数量が大きいので計画段階での土質の調査は事業計画の成否を左右する大きな項目の一つとなっています。残土処理をしなければならない場合でも出来るだけ近くで処分できる場所を探すことが鍵になります。