残土処理は新築を建てる際に最適~ラクラクな処理~

機械

処理の仕方

残土処理の概要

残土処理とは、外構工事で発生した余分な土(残土)を、外構業者の所有する土場や別の工事現場などに運んだりして処理することを言います。残土処理は、だいたい1立米で幾らといった費用が掛かるため、残土の量が多くなるにつれて残土処理に掛かる費用が高くなっていきます。ですので、外構のプランを考える時に、いかに残土が出ないようなプランを考えるかで、総合的な費用が変わってきます。注意しなければならないのは、業者によって残土処理の費用が変わる場合があるということです。同じ量の残土を処理する場合でも、何倍もの費用が請求されることもあるので、始めの見積もり時にしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。また業者に依頼して残土処理の機械をレンタル出来るケースもあります。レンタルが出来ればその建設現場で残土処理が実現するのでとても便利です。ただ業者ごとにレンタル料は違うので、この点も依頼同様に見積もりを出してもらうことが大事になってきます。

費用を抑えるには

外構工事を行うと、量の多い少ないはありますが、必ず残土が発生します。しかし、その残土の処分方法を少し工夫すれば、費用を抑えたり場合によっては費用が掛からずに処理することもできます。庭の部分に残土を平らに敷き馴らして処理するなどの方法があります。このような方法を行えば残土処理の費用が抑えられるので、多くの方がそのような方法を選んで行っています。浮いた費用を他のエクステリアなどに充てることもできるので、非常に人気の高い手法となっています。