残土処理は新築を建てる際に最適~ラクラクな処理~

機械

新築時にかかる処理費用

残土処理費とは

残土とは建設発生土とも呼ばれ、一軒家やマンション等の新築住宅やオフィスビルや事務所等のビジネス施設の建設作業時において初期段階で基本的には発生します。発生する要因としては、建設物の基礎となる地盤を強固なものにするために元々ある土などを取り除き、代わりのものを流し込んで固める際や、地盤を整地するために余分な土などを取り除く際などに発生します。発生する残土は、その建設計画において現場での使用用途がないため処理する必要があります。その際に発生する費用が「残土処理費」です。残土処理費は、残土が発生した場所から残土捨て場までの運搬距離や地域的な道路情報、残土捨て場での残土の受け入れ価格などによって変わる変動的な費用です。

新築時にかかる経費

新築住居として一軒家を建てる際にかかる費用として様々な種類があり、その中の建設工事費の内訳にも様々なものがあります。その一つとして残土処理費があります。この費用は前段落であげたように変動的な費用であるうえに、残土処理を行うのが各建設メーカーなのでメーカーごとに事務手数料が違い、さらに変動的な費用となります。この不明確な経費をはっきりさせるために見積もりの際は注意して確認するのがいいと思います。また、地域によって残土処理費の相場は変わってくるので、各建設メーカーで見積もりを取った際に残土処理費の内訳について明らかにしておけば、その地域の相場がわかるので見積もりについては注意深く確認してみるのがいいと思います。